破妖完結記念インタビュー!

本日発売の『青春と読書』2017年5月号にて、『破妖の剣』シリーズ完結記念インタビューを担当させていただきました。

『破妖の剣』は、ご存じコバルト文庫の看板作品のひとつで、1989年からおよそ30年かけて、本編だけで40冊が刊行された超大作!

中学生の頃から前田珠子先生のファンだったひずきはもちろん、第1巻から読んでおりました。初版で持っているのが自慢です!

…という経歴が功を奏したのか、このたび完結記念インタビューのお声がけをいただきました。

いやもう、やらないという選択肢がありませんよね…!(感涙)

前田先生のキャリアのみならず、コバルト文庫にとっても節目となるような時に、このような形で関われたことを大変光栄に思います。

ちなみに記事の中では、長いシリーズを終えた心境や、ストーリーやキャラクター達への思い、今後の番外編の予定などにふれています。

書店などで見かけた際には、お手に取っていただけると嬉しいです!

青読カバー
掲載誌

青読タイトル
当該ページはこんな感じでして…

青読名前
ここ! (≧∇≦)♪

『青春と読書』集英社



スポンサーサイト

duet でお仕事しました。

「duet 2017年5月号」で、「J.novel 2nd SEASON」を書かせていただきました~。

「J.novel 2nd SEASON」は、ジャニーズの人気アイドル達が、「もし自分の身近にいる男のコだったら?」を描く企画。今回のモデルは猪狩蒼弥くん&髙橋優斗くんです。
どうやら定着してしまいそうです。一粒で二度おいしいダブルヒーロー!w

編集さんによると、猪狩くんはまっすぐで、熱くて、ハキハキしてて、誰とでも仲良くなれるコ。
髙橋くんはトーク力が高くて、男友達の中で人気になるようなお笑いキャラ。

どちらも弟キャラかな? という印象は、まちがっていなかったようで。

リクエストには「新入生のふたりと、先輩のヒロイン。なぜかふたりに好かれてしまったヒロインが、
毎日のように「先輩!」と子犬のようにジャレつかれる」と書かれていました。

めっさ楽しそうな新学期ですねそれ!!ヾ(≧∇≦)ノ"
新しい生活の始まる4月に、楽しい夢を見てもらえるよう、リクエスト通りにはりきって書きました!

気になる方、ぜひ雑誌をチェックしてみてください!!

ホーム社『duet 2017年5月号』



おくればせながら。

コバルト文庫から、新刊『腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか?』が刊行されました。
以前webコバルトに掲載された話と、その続きが収録されています。
どうぞよろしくお願いします!

腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか? (コバルト文庫)腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか? (コバルト文庫)
ひずき 優

集英社 2017-03-31
売り上げランキング : 12806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





duet でお仕事しました。

「duet 2017年4月号」で、「J.novel 2nd SEASON」を書かせていただきました~。

「J.novel 2nd SEASON」は、ジャニーズの人気アイドル達が、「もし自分の身近にいる男のコだったら?」を描く企画。今回のモデルは佐久間大介くん&阿部亮平くんです。
前回のふたり出演が好評だったそうで、またまたダブルヒーロー!

阿部くんはご存知、気象予報士の資格をとったことで一時話題になった、秀才タイプ。
優しくておとなしいタイプのお兄さんなのだとか。

佐久間くんは、アクロバティックが得意な、元気のいいはっちゃけキャラ。
スタッフの方によると、天然なところもありつつ、いつも目をキラキラさせている印象だそう。

また個性がきっぱり別れましたなぁ!(笑)
しかもそのふたりが仲良しって、それもうヒロインいらないんじゃない??
…って、思ってしまいそうですが、そこは乙女の夢を描く J-novel ですから。
今回もおいしく、ふたりからのアピールにヒロインを戸惑わせてみました。

3月。あとちょっとで卒業。そんなとき、ふたりから「どっちか選らんで」と言われて…?
という話です。

気になる方、ぜひ雑誌をチェックしてみてください!!

ホーム社『duet 2017年4月号』



映画『ひるなかの流星』ノベライズ

本日、映画『ひるなかの流星』のノベライズの発売日です。

まずは書影ばばん!



田舎生まれの女子高生・すずめは、上京初日に彼女を助けてくれた獅子尾に生まれて初めて恋をする。一方で同級生・馬村からは告白されて…というストーリー。

優しい先生に恋をして、同時にカッコいいクラスメイトから恋されて…胸きゅん必至な作品です!

もともと原作の漫画を読んでいて、とても好きな作品でしたので、ノベライズを担当させていただき大変光栄でした!ヾ(≧∇≦)〃

とはいえ2時間の映画ですので…全12巻の話をきゅっとまとめるため、色々と変わっている箇所もあります。原作とはまたちがう映画の魅力を、きちんとお伝えできていればいいなぁ。

『ひるなかの流星』 予告


ちなみに原作の漫画は12巻に渡り、ふたりの間でゆれ動く乙女心が非常に繊細かつ丁寧に描かれていて、そこに共感しまくりでした。

映画のネタバレにもなってしまうかもしれないので、あまり詳しく言えませんが、獅子尾とのふれ合いや、馬村との距離の縮めて行き方など、ひとつひとつのエピソードにいちいちドキドキしたり、ハラハラしたり、気がつくと引き込まれている感じといいますか。

すずめが獅子尾と馬村のどちらを選ぶのか、中盤からは薄々予想がついてくるのですが、でも最後までどっちも応援したくてジリジリしてたまりません!

漫画には獅子尾が例のネクタイをつけているシーンもあります。笑
あと、ゆゆかや鶴ちゃんの恋も描かれています。亀ちゃんは? と思っていたら、番外編の巻できっちりフォローされていました!

映画版を気に入ってくださった方は、ぜひ原作も読んでみてください☆





プロフィール

ひずき優

Author:ひずき優
2月6日生まれ。
2007年度ロマン大賞入選。

変わり者が多いと言われる水瓶座、細かいことは気にしないO型。座右の銘は「果報は寝て待て」。今日も他力本願で生きています。


当サイトにおける全ての文章・写真の無断転載、記事への直リンクはお断りさせていただきます。またメールフォームのお返事には、しばらくお時間をいただく場合があります。ご了承くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク