スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香りのお話をもう少し。

 香水(パフューム、トワレ)というと洋風なイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではないようです。

 私が時折某ブランドから取り寄せるトワレのサンプルは、名前が「沈丁花」「すずらん」「金木犀」etc.(花そのものの香りではなく、あくまでその花をイメージした香りです)。

 ジャスミン、マンダリン、シダーウッド、ローズ、ネロリ、ムスクetc.といった、西洋で一般的に使われている香りを和風のイメージで調香したもので、「日本で素敵に香る香り」がテーマとのことなので、和風の香水と言ってよいと思います。

 他にも「月桃」「雪うさぎ」「枝垂紅梅(しだれこうばい)」「ブルーモスク」など、名前だけで欲しくなってしまいそうな商品ばかりです(≧ω≦)

 お気に入りは「上海」。はなやかで大人っぽい香りのトワレで、ジャスミンをメインに、イランイランやムスクetcをオリエンタルに調香したものだそうです。夕食会など、特別な時につけるようにしています。


 …どーでもいいのですが、こんなに乙女な話をしているのに、どうして私のPCは「トワレ」と打とうとすると、「トゥアレグ(族)」という変換候補が出てくるのでしょうか。砂漠の青い貴族。別の意味で萌えますけどね…。


和の花の香水、人気の香水通販 武蔵野ワークス
スポンサーサイト
プロフィール

ひずき優

Author:ひずき優
2月6日生まれ。
2007年度ロマン大賞入選。

変わり者が多いと言われる水瓶座、細かいことは気にしないO型。座右の銘は「果報は寝て待て」。今日も他力本願で生きています。


当サイトにおける全ての文章・写真の無断転載、記事への直リンクはお断りさせていただきます。またメールフォームのお返事には、しばらくお時間をいただく場合があります。ご了承くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。