スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・中世ヨーロッパ文化を体験!?

こんにちは。ようやく春らしい気温になりましたね。そして今日から本格的に花粉症のクシャミが始まりました! 今年も乗り切らねば!


さて前回、中世ヨーロッパの文化に接することのできるスポットやお祭りなどを紹介したのですが、こういうのを見ているとついつい想像してしまいませんか? …仮に自分がそのイベントに参加するとして、どんな格好をするか、とか。

やはりせっかくだしドレスを着たいところ。でも日本でああいう中世的なドレスを手に入れる方法ってあったっけ? と思い、調べた結果。

コスプレ衣裳を扱うお店に、写真やイラストを持っていけば作ってもらえると分かりました。

が。

その後さらにお手軽な入手先を発見してしまったのです。

そう、アメリカのメーカーによるハロウィンの衣裳。その中に、「コスチューム 中世」的なジャンルがあるのです! 知らなかったー!

そこには「中世&ルネッサンス」から「古代エジプト」「古代ローマ・ギリシャ」「ジプシー」「海賊」、はては「石器時代」まで、何でも取りそろえられていました! うわぁぁ、血がたぎる!

というわけで、一例を紹介しますと…


1-2_convert_20130228141800.jpg
こんなのとか(右の人のエリマキとメイクのインパクトがすごい)


3-4_convert_20130228141847.jpg
こんなの(右の子のお胸がすごい ←)

他にも、

5-6_convert_20130228141902.jpg

9-10_convert_20130228141919.jpg

11-12_convert_20130228142011.jpg

13-14_convert_20130228142024.jpg

15-16_convert_20130228142044.jpg

17-18_convert_20130228142102.jpg

23-24_convert_20130228142142.jpg

21-22_convert_20130228142129.jpg

19-20_convert_20130228142115.jpg


とまぁ、もりだくさん!(最後の一枚…w)

ここに紹介したのはごくごく一部です。もっとステキな衣装がたくさんありますので、興味のある方は下のサイトをチェック!

ちなみに上で紹介したコスチュームの中で、わたしがもっとも気に入ったのは、アラビアンな方の女剣士です。エキゾチック! セクシー! かっこいい!!ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

…とジタバタしておいてなんですが、着ませんから。ただ写真を見て楽しんでるだけですから!

そしてよく見てみると、原始人のコスチュームもなかなかエキゾチックでセクシーなんだな、これが……

『アカムス ヤフー店』



スポンサーサイト
プロフィール

ひずき優

Author:ひずき優
2月6日生まれ。
2007年度ロマン大賞入選。

変わり者が多いと言われる水瓶座、細かいことは気にしないO型。座右の銘は「果報は寝て待て」。今日も他力本願で生きています。


当サイトにおける全ての文章・写真の無断転載、記事への直リンクはお断りさせていただきます。またメールフォームのお返事には、しばらくお時間をいただく場合があります。ご了承くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。