少し早めですが、新刊の予告をば。

はい。1月30日(金)に新刊が出ます~!

いつもは発売日に告知しているのですが、お友達作家さんから「宣伝しないの?」と指摘され、初めて「そうか。発売前に宣伝してもいいのか!」と、目から鱗が落ちた次第です。ぼろっとな。

というわけで、『まいりませ、幻想図書館 眼鏡の淑女と古書の謎』 が集英社コバルト文庫より刊行されます。

先日、書影が出ました。どん!

まいりませ、幻想図書館 眼鏡の淑女と古書の謎 (コバルト文庫)まいりませ、幻想図書館 眼鏡の淑女と古書の謎 (コバルト文庫)
(2015/01/30)
ひずき 優

商品詳細を見る


すばらしいですね!!!

イラストは まち さんが担当してくださいました。もうね、ヒロインの膝にある古書を見て下さい!

紙がちゃんと羊皮紙っぽいのです! すごーい! ヾ(≧∇≦*)〃

そしてそして、左のお兄さんの剣がまた! カッコいい! ヾ(*≧∇≦)〃

さらには背景もすばらしかったりします!(図書館です。よく見ると本が一冊一冊しっかり描きこまれています…!)

細部まで細かく仕上げていただいて、本当に感動です。まち さん、ありがとうございました!!

皆さんも、お手に取った際にはぜひ帯をひっぺがして見てみてください。

ちなみに あらすじ は、

"本をこよなく愛する変わり者の令嬢アムネリアは、祖母が暮らす田舎の城に引きこもっていたところ、王都の父から呼び出しを受ける。王都には憧れの『幻想図書館』がある。だが、胸を躍らせるアムネリアを待ち受けていたのは、いまをときめく公爵家との縁談だった!しかも、公爵には息子が二人いるのに、どちらが相手かもわからない。そんな中、アムネリアは『幻想図書館』で一人の青年と出会い…?"
(コバルト文庫公式ブログより)

という感じです。

そして帯のアオリ→「そんなことより、図書館はどこですか?」も秀逸です。婚約よりも図書館。そういう話です。笑
ライターさん、ありがとうございました。

そういうわけで、本屋さん等で見かけたらよろしくお願いします。




スポンサーサイト
プロフィール

ひずき優

Author:ひずき優
2月6日生まれ。
2007年度ロマン大賞入選。

変わり者が多いと言われる水瓶座、細かいことは気にしないO型。座右の銘は「果報は寝て待て」。今日も他力本願で生きています。


当サイトにおける全ての文章・写真の無断転載、記事への直リンクはお断りさせていただきます。またメールフォームのお返事には、しばらくお時間をいただく場合があります。ご了承くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク