スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢・熊野に行って来ました~

…といっても、ひと月以上前の話なのですが(笑)

コバルトの作家さん達と共に伊勢・熊野を旅してきました。

同行者さんの中には以前行かれたことのある方もいたのですが、私は初めて。
あのあたりには有名な神社が多いので、あちこちハシゴしてまわり、
とても楽しかったです。

神社めぐりっていいですね!(*´∀`*)

実は参拝の正式な手順を知らなかったりしたのですが、
今回の旅で教えてもらい覚えました。

皆さん本当にくわしくて、参拝のことだけでなく諸々勉強になりました~。
(私は学生の頃に世界史選択だったため、いまいち日本史に弱いのデス……)

とはいえ、旅そのものについてはガイドブック以上のことが書けないので、
私はあえて全然ちがう角度からこの旅を振り返ってみましょう。

つまり八咫烏(やたがらす)的な観点から! (*`ω´*)ノ

八咫烏というのは、日本神話の中で、
熊野から大和へ神武天皇の道案内をしたと伝えられる三本足のカラスです。
熊野に行ってからどの神社でもその八咫烏を見ました。

そしてそのキュートな姿は、なぜかワタクシめのハートを撃ち抜きました!

1.jpg
こんな感じで、わりとどこの神社にもいます。

2.jpg
こんなのも。足は三本。

3.jpg
ポストまで!

4.jpg
もちろん足は三本です。

5.jpg
笠をかぶせられてたり。この子は何とも言えない顔してますね~w

八咫烏にがっちり心をつかまれているのは私だけではないようで
地元の人からの愛されっぷりはハンパありません。

もう本当にどこに行ってもあるわあるわ、バラエティ豊かな八咫烏グッズ!

…というわけで自分用のお土産。
6.jpg


最後に、お土産に買った手ぬぐいについていた、200%全力でカラ子ちゃん推しの説明文からの引用で締めくくりたいと思います。

「熊野よいとこ一度はおいでよ
 八咫の カラ子ちゃん が待ってます

 昔々のその昔 神武の御代の話なり
 悪者征するつわ者は
 熊野の山の奥深く
 険しき道に迷いたり
 その時一羽の鳥現れて
 道の案内せしと云う
 謂れも名高き八咫烏

 時代は移りて平成の
 八咫の烏も カラ子ちゃん
 心の道も癒してくれる
 迷いの道も癒してくれる
 我等のアイドル カラ子ちゃん
 幻の鳥 カラ子ちゃん

この説明文を書いた人とは友達になれる気がする!!(笑)


ちなみに居間に置いたカラ子ちゃん、いつの間にか母の手によって
ハロウィンの飾りとたいそう親睦を深めておりました……
7.jpg



スポンサーサイト
プロフィール

ひずき優

Author:ひずき優
2月6日生まれ。
2007年度ロマン大賞入選。

変わり者が多いと言われる水瓶座、細かいことは気にしないO型。座右の銘は「果報は寝て待て」。今日も他力本願で生きています。


当サイトにおける全ての文章・写真の無断転載、記事への直リンクはお断りさせていただきます。またメールフォームのお返事には、しばらくお時間をいただく場合があります。ご了承くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。