FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダディ・ロング・レックス』を観てきました その2

ミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』を観てきました~。…って、いつの話だ!?
はい、先月です!(なんでいつもひと月遅れるんだ!)

主演の坂本真綾さんがほぼ出ずっぱり&歌いっぱなしの作品で、とても負担がかかるせいか公演期間の短い作品だったにもかかわらず、奇跡的にチケットが取れたので、張り切って行ってまいりました!

まず、あらすじ です。

孤児院に暮らす18歳の少女ジルーシャ(坂本真綾)は、
ある夜、大学に進学し勉学を保証するという思いもかけない手紙を受け取る。
条件は、“月に一度手紙を書くこと”。
手紙の主は、その夜に見た、車のヘッドライトに照らされ、
まるで足長蜘蛛「ダディ・ロング・レッグズ」のような影、まさにその人だった。
影でしか見たことのない相手だったが、ジルーシャは心を躍らせ手紙を送り続けた。
影の正体であるジャーヴィス・ペンドルトン(井上芳雄)もまた、
知性ある手紙を毎回送ってくれる彼女に、惹かれていくのに時間はかからなかった。
(公式サイトより)

感想はひと言に尽きます。

坂本真綾さん、めっちゃくっちゃ可愛いかった…!!

なにがって、ヒロイン・ジルーシャの発想――やること、言うこと、考えることの可愛らしさもさることながら、表情豊かな熱演によって、ヒロイン像はキラキラまぶしいほど!

可愛いといっても、彼女は孤児院育ちの現実主義者なので、物事を見る目はとても鋭く、そしてシニカルでもあります。けれど基本、世の中を肯定的にとらえている彼女の感性というフィルターを通すと、それが思わず「くすっ」と笑いたくなる形で出てくるのです。坊ちゃまがすとーんと恋に落ちるのも分かるわー!(笑)

そんな彼女が、まったく無自覚に華麗にジャービスを振りまわしまくる様に笑いが止まりませんでした。

技術的なことはよくわからないのですが、坂本真綾さんは歌やセリフの緩急のつけ方がすごく上手で、ちょっとした言い方でとても気持ちの伝わってくるのです。

もちろんジャービス役の井上芳雄さんもすばらしかったです!!(あたりまえ)

そもそもお金持ちの御曹司ジャーヴィス・ペンドルトンという役自体がかなり残念なヒーローなのですが、その残念さをコミカルに、そして哀切をもって演じられていました。

えぇ、話が進めば進むほど、それはもう素晴らしいヘタレっぷりで…!
思わずファンレターを書いちゃいました(1コ下の記事)(*'◇'*)ゞ

彼がジルーシャとパリに行くために四苦八苦した末、見事なまでに自滅するあたりのドタバタは非常にテンポよく、笑いっぱなしでした。

もし再演されるなら、絶対また観に行きます!

舞台後のトークショーで井上さんがポロリしていらしたように、トリプルキャスト、クアトロキャストならもう少し長い期間やれるのではないでしょうか(笑)


どうでもいいのですが、公演後、簡単にとったメモの中でジャービスがところどころジャベールになっていたという……
作品ちがいまんがな!



スポンサーサイト
プロフィール

ひずき優

Author:ひずき優
2月6日生まれ。
2007年度ロマン大賞入選。

変わり者が多いと言われる水瓶座、細かいことは気にしないO型。座右の銘は「果報は寝て待て」。今日も他力本願で生きています。


当サイトにおける全ての文章・写真の無断転載、記事への直リンクはお断りさせていただきます。またメールフォームのお返事には、しばらくお時間をいただく場合があります。ご了承くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。