スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディ、失礼ですがヒーローをお間違えではありませんか?

『レディ・ベス』を観てきましたー。

あの『エリザベート』や『モーツァルト!』を手がけたクンツェ(脚本・作詞)さん、リーヴァイ(作曲)さんコンビの新作、しかも本邦初公開どころか世界初演!

観に行かないわけないじゃないですか~!!

いつもは観劇してからリピートするかどうか決めるのですが、今回は観る前に2回分のチケットを取ってしまいましたとも。そして期待通り、すばらしく見応えのある舞台でした!

衣装がすごい! セットがすごい! 音楽がすごい! キャストがすごすぎる!
そしてイモーテルの存在感ハンパない!笑 (大人の事情?)

と、興奮しきり。特に歌は2、3日ずっと頭の中を回るくらい残りました。

物語はエリザベス(後のエリザベス1世)が、姉のメアリー女王治世下において不遇の時代を堪え忍び、女王に即位するまでの数年間を描いたもの。

以下、例によって思いきりネタバレあります。

ひっそりと隠遁生活を送っていたエリザベスは、ある日吟遊詩人のロビンと出会い、自由奔放な彼に初めての恋をします。

このあたりは特に、エリザベスがロビンに勧められ、男装してお忍びに出るシーンが楽しかったです!

その前に男らしい振る舞いを覚えようと、小柄な身体で「かかってこい!」「ぅおんどりゃ~!」と雄々しく手足を振りまわして練習する様が可愛くて可愛くて (≧▽≦)

それまでにない時間を過ごすうち、エリザベスはますますロビンに惹かれていき……と、ここまではよかったのですが。

ですがですね。

ワタクシこの物語おいて一点だけ、どうしても看過できないことがありまして。

すぅー。(大きく息を吸う音)

ヒロインのピンチを助けるのはヒーローじゃなきゃ、ダメー!! o(≧Д≦o)

…乙女小説書きとして、これは声を大にして言わせていただきましょう。

なにせロビンは、エリザベスが危機に陥っても何もできないばかりか、人質にされてしまうダメっ子ヒーロー。

それに比べて、物語がだいぶ進んでから、おもむろに、ばばーん! と登場するスペインのフェリペ王子。彼の役どころがカッコ良すぎて! ダメでしょあれは…!!

娼婦と戯れながらの華やかな登場で魅せたフェリペ王子(もろ肌脱いでいたのはサービスショットですよね分かります!)、眼差しやお言葉ひとつで苦もなくベスの命を救ってしまうのです(しかも3度も!)。

きわめつけは高貴な佇まい&すらりとしたお姿の中、ひたすら目立つカボチャパンツ!
惚れてまうがなぁぁぁ!! ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

彼は権力、容姿、頭脳、野心と、すべてがそろった完全無欠の王子様(愛はないけどな!)

一方、色男ロビンは金も力も危機管理能力もなさすぎてもう……(愛だけはたっぷりだ!)

そういうわけで、ロビンと別れて女王として生きる道を選んだエリザベスが、政略結婚をふくめ一生結婚しないと決めてしまうのも、いまいち釈然としなかったといいますか。

恋と言えば、むしろメアリー女王の側近であるガーディナー司教の、スペイン大使ルナールへの切ない片想いの方が胸にせまってきました(※そういう話ではありません)。

ガーディナー司教の健気さ一途さに対し、ルナールのつれなさが徹底してて、ホント涙なしには観られません(※そういう話では…以下略)

それだけに、ベスを亡き者にしようと企むふたりが「あの女を消せ!」と意気投合して踊りまくるシーンは、司教様のハッスルっぷりが最高潮。司祭服の長ーい裾が一度も床につかないくらいの勢いで、くるくるくるくるまぁよく回ること!

…閑話休題。

あとは単純に個人的な好みなのですが、もう少しエリザベスが自力で自分の運命を変えるエピソードがあればよかったと思います。

姉のメアリー女王に虐げられても、司教に侮辱されても、ロンドン塔に収監されても、信念と誇りと心の自由を失わないベスの不屈さは物語の中で際立っていました。

それだけに、望まぬ状況を彼女自身の手でひっくり返す場面がないのが、やや物足りなかったかな…(ひっくり返すと歴史が変わってしまいかねないのですが、そこを何とか!)。

ちなみに件のカボチャ王子…いえいえフェリペ王子、この物語の後、エリザベスにプロポーズを断られた上、アルマダの海戦でたたき潰されちゃうんですよね。お気の毒…( ̄△ ̄;)


ミュージカル『レディ・ベス』公式サイト



スポンサーサイト
プロフィール

ひずき優

Author:ひずき優
2月6日生まれ。
2007年度ロマン大賞入選。

変わり者が多いと言われる水瓶座、細かいことは気にしないO型。座右の銘は「果報は寝て待て」。今日も他力本願で生きています。


当サイトにおける全ての文章・写真の無断転載、記事への直リンクはお断りさせていただきます。またメールフォームのお返事には、しばらくお時間をいただく場合があります。ご了承くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。