スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEWS健在!

秩父宮ラグビー場で開催された、NEWSのコンサートに行ってきました~。

じつはこれまでノーチェックだったのですが、先ごろメンバーの一人、加藤シゲアキ君の書いた小説「ピンクとグレー」を読み、処女作とは思えないクオリティとおもしろさに衝撃を受けていたタイミングでお誘いがあったため、ふたつ返事で「行くー!」と。

…すみません。ことほどさように「にわか」だったのですが、ベストアルバムを買って、がっつり聞き込んでいきました=3

結論を言えば、すごくよかったです!

これまでいろんなグループやバンドのコンサートに足を運んできましたが、こんなにドラマを感じる――舞台構成を越えて、メンバーの素の気持ちの伝わってくるコンサートは初めてでした。

聞くところによると、NEWSのメンバーは元々9人。けれど紆余曲折を経て、いまは4人で活動しているそうです。その紆余曲折のごたごたが2年続き、その間ずっと新曲も出せず、コンサートもできず、解散すら危ぶまれていた状態だったらしく、今回がまさに2年ぶりのコンサート・ツアーの初日だったのです。おぉ、貴重な日だ!

もうそのファンの興奮たるや、すさまじいものがありました。若いおなご(一部若くないのも混じってましたが…(○´ω`○)ゞ)のエネルギーってすごいですね!!

コンサート自体も、ムービングステージ、ファイヤーウォール、ウォーターキャノンにフライング、花火と、あらゆる仕掛けを詰めこんだ感じ。花火なんか手のこんだ高そうなものを惜しげなく打ち上げていて…これ相当お金かかっているはずですよっっ( ̄ロ ̄;)

そんな中で、久しぶりにステージに立ったメンバー達のテンションも高いのなんの。

で、コンサートを終えてから、それぞれが2年間を思い返しつつの挨拶をしたわけですが、事情を知らない私ですら「またコンサートができて本当によかったね!」という気持ちにさせられた、よいメッセージでした。ファンの子達はなおさらだったと思います。

うがった見方をすれば、感動的なメッセージは舞台構成の一端だったのかもしれません。それでもアンコールでの、喜び爆発! という彼らの盛り上がりを見れば、構成とか関係なく感動しました。

そう、とにかくアンコールのテンションがすごかったんですよ! 用意していた2曲を歌った後も、引っ込んでは歌い、引っ込んでは歌い、を何度も何度もくり返して、初日からフルスロットルでした。

NEWS健在を世に知らしめる、圧巻のコンサートだったと思います。

ちなみにレスリング金メダリストの吉田沙保里選手は、増田貴久君のファンだそうで、彼とのハグを希望されているのだそうです。

アンコールのステージで、まっすーはハグの練習をしていましたよ。シゲちゃん相手に(≧∇≦)

いずれどこかで吉田選手とまっすーとの祝勝記念ハグが見られるかもしれませんね!



スポンサーサイト
プロフィール

ひずき優

Author:ひずき優
2月6日生まれ。
2007年度ロマン大賞入選。

変わり者が多いと言われる水瓶座、細かいことは気にしないO型。座右の銘は「果報は寝て待て」。今日も他力本願で生きています。


当サイトにおける全ての文章・写真の無断転載、記事への直リンクはお断りさせていただきます。またメールフォームのお返事には、しばらくお時間をいただく場合があります。ご了承くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。